So-net無料ブログ作成
 
 
 
 
 
 
 
 

パフューム ある人殺しの物語( Perfume: The Story of a Murderer:2006年:独・仏・西) [Movie(映画・DVD)]

超人的な嗅覚の持ち主ジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は、ある日出会った少女の香りに陶酔する。しかし、その少女を誤って殺害、その香りを失ってしまう。しかし、その香りを忘れられないジャンは、その嗅覚を活かして香水の製法を学び、再びあの少女の香りを取り戻そうとするが。。。

perfume.jpg

ドイツの小説家パトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』を映画化したもので、18世紀のパリが舞台となっている。

人間の持つ体臭。当然のように誰もが持っているが、ごまかさねばならない不思議な要素。そのごまかしとして作られたのが「香水」だというのは周知のことだ。

本作は全く体臭を持たないが、驚異的な嗅覚を持つ主人公が究極ともいえる「香水」を作るという物語だ。ただこの究極の「香水」の香りの元とその製法が尋常ではない。

先に紹介した「アンチヴァイラル」もそうだが、この「パフューム」もまた人の欲望を満たすために行われる常軌を逸した行いがテーマとなっている。

この「パフューム」は18世紀のフランスが舞台となっており、衣装の絢爛さも去ることながら、社会の裏面ともいえる薄汚い情景の描写も強烈だ。

「香水」という一見美しい言葉と「殺人」というネガティブワードがタイトルにあるように、作品全体が陰陽コントラストを効かせた仕上がりとなっている。

人間の「臭い」には幾つかの要素がある。それらは体温調節の際に流れる汗であったり、本能を刺激する分泌液が含まれる体液であったり、実に様々だ。それは人を遠ざける効果もあれば、ひきつける力も持っている。それを元にした究極の香水の放つ芳香による衝撃のシーンは「大人」のみ閲覧が許されるものだ。

ジャンを待ち受ける衝撃のラストシーン。エロティックサイコミステリーとも呼べる本作。グロテスクでありながら、美しい非常に刺激的な作品である。 

 


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice! 8

コメント 2

ちゅんちゅんちゅん

おはようございます!
汚く 魚臭く 薄暗くて・・・
衝撃的な作品ですよね。
DVD持っていますが 何回もは観てません。
アタマの芯が痺れます。
by ちゅんちゅんちゅん (2014-04-06 07:25) 

OTENKING

ちゅんちゅんちゅんさん
ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
DVDお持ちなのですね。アタマの芯が痺れると言う感覚よく分かる気がします。映像から臭いを想像してしまう(できてしまう?)作品も珍しいかもしれませんね。
by OTENKING (2014-04-07 00:40) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。