So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
 
 
 
 
 
 

ベイマックス(Big Hero 6:2014年:米) [Movie(映画・DVD)]



bmax.jpg

新年 明けましておめでとうございます。

さて、昨年8月以降まったく更新を怠っていた本ブログも久しぶりに再開。

あまり気負って長々と綴るとまた息が切れるので、軽く長くを目指していこう。

今年最初のネタはベイマックス。現在公開中だ。

CMでは何か癒し系のホワッとしたものかと思ったが、原題にもあるように、これは「ヒーローもの」。

確かにベイマックスはフワフワして可愛らしいが、全体的に緩急のある展開が大人でも十分楽しめるものになっている。

ディズニー製作なのだが、オープニング(エンディングだったかな?)に見慣れたマーベルのアメコミカットが?

ディズニーがパロディに手を出した?とも思えたが、調べてみれば、2009年にディズニーがマーベルを買収していたとのこと。そんな話もあったような・・・。

内容はロボットオタクの大学生を兄に持つ、やはりロボットオタクの天才少年ヒロが、兄が造ったヒーリングロボ「ベイマックス」と共に、ロボット技術を悪用しようとする悪者をやっつけようとするもの。

最近は随分と主役になることの多い「オタク」だが、すでにこの言葉もネガティブワードではなく、「その道のプロおも凌ぐ専門家」という方向で一般化してきている感がある。かつての「オタク」概念は今では「アキバ系(男子)」に置き換えられつつある側面もあるようだ。この辺は、明確な線引きはなく、各々の価値観や客観的な定義の仕方によって変わるものといえる。

ここでは、その区別についてではなく、自他共に「オタク」と認める者が、生き生きと活躍するところに目を向けたい。

古くは「7人のオタク」、「電車男」など、一見ぱっとしないサブカルチャーの達人たちが活躍する作品があったが、本作では最初から「オタク」たちが明るく陽のあたる位置づけにしている。

のめりこんだ好きなことを、自分の世界だけに留めず、堂々と外の世界でも生かしていこうヨ。というメッセージ子ども達に伝わったら・・。そんなことが感じられる作品だ。 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice! 1

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。