So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
 
 
 
 
 
 

インターステラー(Interstellar:2014年:米) [Movie(映画・DVD)]

interstellar とは「星と星の間」という意味。

恒星間航行を描くSF作品は多々あるが、本作品は人類が初めて恒星間航行に挑み、荒廃する地球環境の中で、滅亡に瀕する人類を別の銀河系にある生存可能な自然環境のもとに移住させようとする計画を描いたものである。

この作品のポイントは「相対性理論」に基づいた科学検証の裏付けのもと、現在考えられる最も現実的な考察により、ワームホールやブラックホールを映像として展開している点といえる。

何よりも序盤、観るものに「これは、SFか?」と思わせる主人公の娘の部屋で起こる超常現象が、この物語の要となるところにオカルトと科学が紙一重であることを暗示していて面白い。 

interstellar.png 

ワープって何だ?ブラックホールっていまいちよく分からない。科学的に解明できない超常現象の正体は何なのか?などいろいろな側面から関心を持って観るとよいかもしれない。 

主人公はマシュー・マコノヒー。ちょっと日本ではあまり認知度が高くないかもしれないが、第86回アカデミー賞主演男優賞など、演技派の俳優。キャスティング理由は「普通の男」を演じさせるためだったとか。

interstellar02.jpg

ヒロインには、アン・ハサウェイ、

interstellar04.jpg

脇をマイケル・ケインなどで固め、

interstellar03.jpg

端役ながら、マット・デイモンも出演(ちなみにマットは、氷の星で一人ぽっちな優秀な物理学者役。事情は作品を見てください)。

音響にも非常に凝っていて、よくある宇宙船とステーションのドッキングシーンなど、宇宙空間では音がせず、船内では音が聞こえるなどの、静と動をうまく組み合わせており、リアリティが増している。

さて、先にも触れたが、この物語は「相対性理論」における重力の謎を人類がついに解き明かすというものなのだが、その鍵となるのが、劇中「ガルガンチュア」と呼ばれるブラックホール。

その特異点を観測することで、重力の謎を解き明かそうというものだ。

ブラックホールというが、実際のところその正体は概念的なものであり、何も分かっていないらしい。

アインシュタインや相対性理論という言葉は知っていても、実際どんなものかは、関心のないものにとっては、それすらも未知なもの。

では、それらの知識がないとこの映画は楽しめないかというと、知識があるとより楽しめるというものかもしれない。

何度も見たい作品の一つだ。 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。