So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
 
 
 
 
 
 

本当におせっかいな機能 [IT]

自分がいちいちどこにいるか知ってほしい人。飲んでいるときにすぐ電話したがる人なんかには格好のシステムだろうが、知られたくない人には迷惑になりそう。
 繋がりたがりにはよいツールなのかな?自分には気持ち悪くて到底使う気になれないが・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【からだまもるみず。】 プラズマ乳酸菌の水 [随筆]

キリンビバレッジから発売されている『プラズマ乳酸菌の水』を購入してみた。

DCIM0427.jpg

「プラズマ乳酸菌」という言葉を目にしたのは数ヶ月前電車の車内広告が初めてのことだ。体にいいというようなテキストはなんとなく目にしたが、何がどういいのかまで詳しく読んでいないので、流行りの「プラズマ」を乳酸菌にくっつけただけのものだろう、飲んだら舌がビリビリする乳酸菌か?はたまた新種の乳酸菌?程度の印象しか持たず、いつしか忘れてしまっていた。

ところが、ノロウイルスの流行、インフルエンザ流行が話題となりマスメディアが予防策などを取り上げる中、朝の情報番組で体の免疫力を高めようという究極の予防策として紹介されていたのが、この「プラズマ乳酸菌」なのであった。

からだまもる水。プラズマ乳酸菌の水>

説明によると「プラズマ」とは「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」からとった名称らしい。乳酸菌の種名とは全く関係ないようだ。

「プラズマ乳酸菌」の正体はというと、クラトコッカス・ラクティスというチーズヨーグルト製造に使われる乳酸菌の一種で、直接プラズマサイトイド樹状細胞に働きかけることで、免疫力を高めるというもの。何故プラズマサイトイド樹状細胞に働きかけると免疫力が高まるかというと、この細胞は普段活動していないらしく、体内にウイルスが侵入すると目を覚まして体中の免疫細胞にウイルス排除の指令を出すという「司令塔」の役割をもつものらしい。ウイルス侵入前にディフェンス体制を整えるようにあらかじめ「司令塔」を目覚めさせるのだ。

免疫細胞pDCを直接活性化させるプラズマ乳酸菌(JCM505株)を発見>

「プラズマ乳酸菌」のインフルエンザウイルス感染予防作用を確認>

1日にどの程度摂取すればよいかなどは医薬品ではないので特に述べられていないようだが、何はともあれこの冬すでに数回風邪にやられている身としては、ここは試してみるかということで、500mlを24本ほどまとめて購入。

これから効果の程を自ら検証してみようと思う。ちなみに先ほど飲んでみたが、カルピスをものすごく薄めたという感じで、ヨーグルト風味の水という印象。甘すぎないので、半分くらいは一気に飲める。これなら毎日飽きずに飲み続けることができそうだ。

ただ、乳酸菌の効果を高めるためには、生きたまま腸に辿りつくように食後に摂取することや、生き残った乳酸菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖もしっかり採ることも忘れないようにしなければ。 

ちなみにこのプラズマ乳酸菌、キリンと小岩井乳業が共同開発を行っているもので、小岩井乳業からはヨーグルト風味の強いドリンクが発売されている。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

Levi's 708 [DENIM(ジーンズ)]

levis7080005.jpg

Levi's708。2008年にローライズ×ブーツカットで発売され、いくつかの亜種を発生させたロットナンバー。で現在は廃盤。 

levis7080006.jpg 

levis7080003.jpg

激しい加工物のジーンズを穿いていなかったので、セール中のものをライトオンでゲット。太もものポケットとジッパーが収納力を増しており、割と撮影時に活躍した。生地は薄く表面も滑らかで、デニムというよりは木綿のズボンという感触。

levis7080004.jpglevis7080002.jpg

levis7080007.jpg 

中国製で、リーバイスにもこんなジーンズがあったのね。と思わせるファッション性の高いデザイン。他で見かけたことがないので、相当珍しく、それがまた個性的でちょっと気に入っている。

それにしてもブーツカット3本とは。。

ちなみに、足が長く見えるシルエットということで、ローライズ&膝を少し絞ったブーツカットは2000年前半から徐々に流行し始め、2004年頃をピークにに2008年頃には急速に姿を消していく。2006年頃にはそれまでの反動からか、女性の間でスキニーが入れ替わるように市場を席巻。

きっかけは、2000年それまでYSLのアーティスティック・ディレクターだったエディスリマンがディオールのクリエイティブ・ディレクターに就任しディオール・オムにおいて、ロックテイストの細いスタイルを発表し好評を博したことにあるとのこと。ディオールオムがメンズであったことは皮肉なものである。 

スキニーはぴちぴちなので、従来の14ozでは動きがとれないが、11ozなどのライトウェイトに加え、ポリエルテルを混ぜることでストレッチ素材としたことが流行の要因でもあるようだ。更に自転車に乗ったり、家事をする際にも裾が邪魔にならないとった機能性も女性に支持されたとのこと。

レディースデザインの流行はメンズにも流入。かつてスキニーなぞ穿くのはロックンローラーくらいなものだったが、世は草食男子隆盛期。あっという間にスキニーが広まったのである。

ちなみに'80年代後半から'90年代前半にもスリムブームはあったが、当時は股上深めのモンペスタイルであったことも付け加えたい。たしかエドウィンのロンドンスリムは14ozでスリム、ケミカルウォッシュという代物で当時私も穿いていたことがあった。

そんな訳で今は第二次スリム、スキニーブームにあるわけだが、徐々にシルエットが太くなってきているとか、いないとか。

たかが流行り、されど流行。人と同じがいいのか悪いのか。世間の冷たい視線を横目に超ロングコートを着るくらい天の邪鬼の私には関係のないことなのだが、振り返ると意外に面白いものだ。

 

 

衝撃!これが80年代のスリムジーンズだ!!


Levi's 517 (1997年製) [Levi's 517]

levis5170005.jpg

ジーンズが作業着からファッションへと変わりつつあった1960年代末1969年リーバイスから裾の広がったベルボトム646が発売される。

1971年リーバイ・ストラウス・カンパニーが株式公開すると共に日本支社を設立。この年通称”サドルマン”のブーツカットジーンズ517が発売された。

1947年ブルーベル社ラングラーが11MWで西部のカウボーイをマーケットの軸とし11MWZ、13MWZとウエスタンブーツにマッチするモデルをリリース。'74年にはロデオ協会の支援を受けるまでになるというシェア争いの背景もあるのであろう。

ちなみに'72年にはラングラーも日本法人ラングラー・ジャパンを設立している。

517の通称サドルマンはフラッシャーに”SADDLEMAN BOOT JEANS"とあることからついたらしい。サドルはもちろん鞍。

ラングラーがカウボーイカットを謳っているので対抗したのだろう。同じくモデル名にカウボーイを冠したリーも70年代に”ブーツカット”の102ライダースをリリース。アメリカジーンズメーカー3強が裾広がりジーンズ競争を繰り広げるのだ。

奇しくも70年代後半はベトナム戦争の末期にあたり、反戦運動、ヒッピー文化の広がりと共に若者にこの裾フレアジーンズも広がり、テーパード、スリム、フレアの流行の繰り返しで今日に至るというものだ。

前段が長くなったが、リーバイス定番のフレアモデルがこの517なのである。

levis5170008.jpglevis5170002.jpglevis5170001.jpg

levis5170006.jpg 

levis5170005.jpg

levis5170007.jpg

こちらは1997年フィリピン製のユーズド加工もの。ブーツに合わせて穿いていたが、501と違い腰から腿にかかて相当タイトな作りなのと、ユーズド加工ものゆえか、生地の伸びしろが少ないため28incはかなり股間にプレッシャーが掛かってしまうのが難点なのであった。

ちなみに現在JP企画では517は廃盤で527が製造販売されていて、517はUS企画の並行モノを入手するしかないようである。 

 


今更の半沢直樹 [Movie(映画・DVD)]

半沢直樹といえば、2013年後半の大ヒットTVドラマだ。

今更ながらDVDで一気に観たが、これはヒットするなぁと思える程面白かった。 

 

既に多くが語られているので、今更だがヒットした要因をDVDを観ながら検証してみる。 

ちなみに初回はリアルタイムで観たが、なんとなく展開が読めたので敢えて敬遠してみた。

キーワードは

・復讐

金融

・裏側

一昔前に企業買収を舞台にした小説、ドラマ「ハゲタカ」がヒットしたが、このジャンルは金融は難しくて分からない層にも「復讐劇」というボーダレスでウケるテーマが頭脳戦で展開される点が好評を博すようだ。

そして「半沢直樹」については更に

・強烈な敵役(+その取り巻き連中)

・決めゼリフ

 

どれだけ憎まれるかがヒットのポイントだ!劇中のこの二人は本当に憎い! 

の「水戸黄門的」要素が加わることで爆発的ヒットとなったと考えられる。

こういった構図で大抵コケるパターンは「敵役」の設定やキャスティングミスだ。スターウォーズのダースベイダー、ガンダムのシャア・アズナブルよろしく主役を呑み込むくらいの強烈な「敵役」がいることで、はじめて観る者の心を鷲掴みにするのだ。

判官贔屓+勧善懲悪は老若男女、時代を問わずウケ、そこに頭脳戦というインテリジェンスの要素を盛り込んだ本作、徹底的に主人公半沢が追い込まれ、最後は敵をやっつけるという痛快さがびしびしと伝わってくる。 

原作で続編にあたる“ロスジェネ”ではドラマ最後の半沢出向という結末の続編が描かれているそうで、ドラマ化や映画化が囁かれている。

憎い上役をコテンパンにやっつける半沢直樹。そこに痛快さを見出す視聴者。自らの代弁者を半沢に見たて明日へのエネルギーに変えた人たちも多かったことだろう。そんなエネルギーを与える演技をした堺雅人さんの当たり役といえるだろう。 

 

 


タグ:半沢直樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

Wrangler color jeans [DENIM(ジーンズ)]

wrangler_c0007.jpg

ジーンズインディゴが定番だが、時には浮気してみたくなるもの。しかし、赤などのカラージーンズはなかなか手が出しにくいものだ。しかしながら、裏を返せばジーンズだからこの手の色のボトムスも受容されるというから不思議だ。

続きを読む


赤い彗星のシャア・アズナブル氏 視聴率低迷の責任をとらされ左遷!? [随筆]

機動戦士ガンダムの初回放送が1979年。今年で既に35年だ。

ブログ対象に「ガンダム」で検索するとなんと約3,000万件ヒット。ちなみに「オリンピック」約3,900万、「AKB」が約2,800万件、「エヴァ」約830万件、「リーバイス」では約120万件、「田中将大」約120万件、、比較するようなものでもないだろうが、単純にブログネタとしてのキーワードとしては相当上位にあると言えよう。

ちなみにちなみに1億超えは「ペット」「自動車」「子供」。さもありなん。

本題に戻ろう。 

DCIM0417.jpg

近所のセブンイレブンで思わず購入。小さいが細かく作られている。実は我々が格好のターゲットなのか!? 

いまだに新シリーズが作られ続けられているが、初代のプラモデルやフィギュアの販売も後を絶たない。

ガンダムブームのど真ん中にいた当時小学生の自分がこの歳になってこんなコンビニ食玩フィギュアに手を伸ばしてしまうのもこれまでガンダムという作品が影響を与え続けてきたことに他なるまい。

改めて「機動戦士ガンダム」をウィキペディアで調べてみると意外な話が山盛りで面白い。

中でも一番の逸話は「シャア左遷事件」や「シャア戦死編」、「アムロ戦死編」があったということ。

放映当初視聴率が振るわないのは赤い彗星シャアが陰気だからという笑えそうで笑えない理由からシャアが左遷させられるストーリーになったそうだ。

作中ではホワイトベース追撃戦の際、ザビ家の末っ子「ガルマ・ザビ」を救えず戦死させてしまった失態による左遷という形であったが、それが逆にリアリティの評価される作風と相まって誰も視聴率低下の戦犯扱いされたからなどとは考えもすまい。

一説によると左遷どころか戦死なりなんなりで、早々に消える構想まであったが、スタッフの説得で何とか生き残ったらしい。視聴率で左遷されたり、殺されそうになったりとアニメのキャラクターもたまったものではない。

また、主人公アムロも打ち切り決定の最終回ではやはり戦死の予定だったが、番組終盤から人気に火が付き始めたことから続編の期待もあって生き残りが決まったそうで、主役でもこの扱い。ここで戦死していたら、『逆襲のシャア』も無かったかと思うとよくぞ生き残らせたと英断を讃えられたことだろう。

もっとも、このころ二人に立った死亡フラグは『逆襲のシャア』で果たされたとか、しないとか・・・。 

原作ありきでスタートするある程度のファンありきのものをTV化するか、ゼロから企画しTV化するかで商売としての成否はずいぶん異なるだろうが、「宇宙戦艦ヤマト」然り、「新世紀エヴァンゲリオン」然り、そして「機動戦士ガンダム」然りで、何かこれまでにない『新しさ』はマンネリ化した価値観、世界観を壊したいという支持層を作り、その世界観は『新しいネタ』を求める各メディアによって取り上げられながら、静かだが着実にそしてあるブレイクポイントを境に大きなウネリとなる可能性を秘めているのは、ゼロからのものなのであろう。(大いなる懸けだが・・・)

よくできたフィギュアだったので、それについてアップするつもりが、つい余談が長くなってしまった。

こうして無駄なアイテムがまた一つ増えたが、久しぶりにガンプラ欲しくなったこの頃である。

 

 

 

 

 

 


Levi's 501 BlackMgic(1998年製) [Levi's 501]

5501bm00007.jpg

Levi's501 BlackMagic。黒色のデニムが欲しくなったので、探していたところ501で黒があったので、何の知識もなく購入してしまった。

購入時のイメージは色落ちすると、グレーになっていくというものだったが、穿いても、洗濯しても一向に色落ちする気配がない。通称ブラックマジックというのを知るのは実は最近になってのことだ。

5501bm00002.jpg5501bm00003.jpg

ボタン、リベット、パッチ以外はステッチも全て黒。裏地まで黒。

そもそもこれは色落ちしないデニムだった。

5501bm00001.jpg

5501bm00005.jpg

5501bm00006.jpg

98年501のシルエットなので、細身ではあるがテーパードが掛かっていてイメージとは何かが違うということと、妙に小奇麗な黒に合わせるシューズが見当たらず、着用場面も少なく現在に至る。

たまには少し工夫して穿いてみることにするか。。 

 

 


07501-0003(2007年製) [Levi's 501]

07501_009.jpg

2007年、グローバルリミテッドラインという限定ラインで製造されたモデル。

2003年アメリカの工場での生産が終了し、メキシコ、ハイチ、コロンビア、ドミニカ等で製造されていた00501-のモデルが90年代のシルエットを踏襲した細身ではあるが、ややゆったり目のテーパードタイプであったのに対し、復刻モデルである47501のシルエットとしてレギュラーラインで股上浅め、更に細身のパイプドステムのシルエットで限定生産されたのが、この07501だ。

14ozのコーンミルズデニム(XXX9デニムか?)を使用。ムラ感をだしている。

07501_010.jpg

インシームシングルステッチだが、セルビッチはない。 

07501_008.jpg

07501_007.jpg

スレーキにギャランティプリント

07501_006.jpg

フロントトップもVステッチではない。

07501_005.jpg

パッチは47モデル同様に革パッチ。

07501_004.jpg

アーキュイエイトステッチも47同様に角度深め。

07501_002.jpg07501_003.jpg

ヒゲなどのアタリは出ていないが、色合い等はいい感じだ。

07501_001.jpg

スッキリとしたストレート

これはなかなかいい出来でオークションで見つけたのだが、レングスが短すぎた。今回は検証用ということで入手。玉数が少ないだけにこのまま保管しておくか、手放すか迷っているところである。

でも穿けないんじゃなぁ。。惜しい!

 

 


タグ:Levi's 07501

ノロウイルス 撃退 [随筆]

ノロウイルスが猛威を奮っている。

メディアでも注意を促しているが、意外だったのがアルコール消毒がほとんど効果がないということだ。

外出先でも施設内いたるところに設置されているものの、それらはこのウイルスには効かないとは。

有効なのは手洗いだが、石鹸をつけた状態で30秒以上洗わねばならないとなると、野外などこの時期給湯設備の無い洗面所では相当しんどい。また、水洗トイレなどでも便を流したときの目に見えない飛沫などが床に飛び散ってしまうと下履きやスリッパなどに付着して拡散するというから手洗いを徹底しても油断できないそうだ。

最も効果が期待できるものは、キッチンハイターなど塩素系の消毒液らしいが、攻撃性が強く肌や金属、衣類へ影響を及ぼすし、臭いもキツイ。

そこで注目されているのが、「次亜塩素酸ナトリウム」という物質だ。インフルエンザなども流行りつつあるこの時期、ノロにまでやられては身が持たないということで、早速購入してみた。

それが、「ウィルバス200」だ。 

 s-DCIM0407.jpg

このウィルバス200は食品添加物殺菌科というもので、食材に直接かけても安心という優れモノ。万一、ミストが目や口には入っても心配いらないとのこと。

s-DCIM0410.jpg 

何かと用途が限られるアルコールよりも使い勝手がよさそうだ。小さいスプレーに入れて携帯するのもよいだろう。

抵抗力のない子供や高齢者や大人でも体力が衰えているときなど感染しやすくなるそうなので、こういった予防策も積極的に取り入れたい。 

ウィルバス500mlスプレーボトル

ウィルバス500mlスプレーボトル

  • 出版社/メーカー: クレスト
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。