So-net無料ブログ作成
 
 
 
 
 
 
 
 
Levi's 501 ブログトップ
前の10件 | -

Levi's 501-1165 6回くらい洗濯したかな? [Levi's 501]

ジーパン経年変化についてのブログは数あるが、継続するのがなかなか難しいようである。格いう自分も今こうしてこのブログでジーパンネタを続けられているのも、「映画」というもう一本の柱があってこそで、ジーパン一筋ではなかなか成立しないのが実情だ。

ライフスタイルの変化も手伝って、ジーパンを穿くことが多くなったにも関わらず、その変化をアップしない理由が幾つか挙げられる。

その中でも一番の理由は、なかなか変わらないという致命的なものだ。変化が見られない原因がデスクワークメインというところも如何ともし難い。。

とはいえ、昨春夏にメイン穿きした一本501-1165を久しぶりにアップしてみよう。

501-1165_005.jpg

さて、どうなっていることやら・・。 

さすがに前シーズンとは違うようだが・・・


タグ:Levi's 501-1165
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Levi's 501 レギュラー(1998年製) [Levi's 501]

以前にもアップしたLevi's501レギュラー(1998年製)だが、撮影も適当だったので、改めて丁寧に撮影し直してみた。 

levis_501_971018.jpg

もともとこの501もだいぶ色が落ちてきたので、そろそろ新しい501でもと考えていたときにこのブログ継続のきっかけとなった復刻版に遭遇したまさに”起源”的存在なのである。 

続きを読む


Levi's 00501-1486 (2013年製)を穿いてみた [Levi's 501]

levi's50120130004.jpg

Levi's501 2013年モデルを入手した。140周年ということで、03モデル、08モデルと5年周期でモデルチェンジしてきた日本企画の2013モデル。

スングルステッチからチェーンステッチへの裾直し、DIYでの裾加工が終わったところで穿いてみることにした。 

続きを読む


Levi's 00501-1486 2013年モデル 裾加工 フィニッシュ?? [Levi's 501]

Levi's 501 2013年モデル(lot.00501-1486)の裾をUSED加工すべくDIYに挑戦したが、裾にシミができた事件を解決すべく早速洗濯機に入れた。

5012013011.jpg

結局何処がどうなったのか・・・。 >>


Levi's 00501-1486 2013年モデル 裾加工 [Levi's 501]

Levi's 501 2013年モデル(lot.00501-1486)は、久しぶりにゲットしたUSED加工ジーンズだ。

最近の加工技術はかつて石と一緒に洗ってUSED感を出しただけのストーンウォッシュとは違い、凝った加工になっていて、色落ちを楽しむということが難しいウィークエンドユーザーには嬉しいジーンズである。

しかし、前回もこのモデルで触れたとおり裾上げすると、そこだけツンツルテンになって、せっかくのUSED加工が残念な感じになってしまう。

levi's50120130013.jpg

今回入手したモデルはシングルステッチで、上げ幅も12mmくらいと広めに裾上げというダブルの悲劇。店員としっかりコミュニケーションをとらないとこのようになってしまう。このままでは、たとえ数回穿いても残念な裾になってしまいそうだ。

ショップでは、この裾にUSED加工を施してくれるショップもあるようだが、一つDIYで「らしさ」を出してみようと思う。

はたして巧くいくのか?


Levi's 00501-1486 (2013年製)比較 [Levi's 501]

Levi's  00501-1486 (2013年製)と00501-1165(2011年製=08501のアップデート版)との比較をしてみた。

08モデルは細身のストレート、13モデルは更に細くなり、テーパードのストレートだ。

levi's50120130009.jpglevi's50120130029.jpg

左が並べたところ、右は重ねたところ。色の濃い方が1165で08モデルと同じシルエット。2013モデルがW29incで1165が28incで1inc違い。レングスは2013モデルが75cm(カット後)、1165が77cm(カット後)。2013モデルがインチアップしているが腿から細くなっているのが分かるが、劇的な変化といえるかどうか・・・。

levi's50120130027.jpg 

 しっかりと合わせて裾周りの大きさを見てみると、確かに膝から下が細くなっているのが分かる。

levi's50120130030.jpg

ウエストの頂点を合わせると上のように、ピップ回りも細くなっている。同じ28incならその差はもっと明らかだろう。

levi's50120130034.jpg

このように並べると、バックポケットの形状の違いがはっきり分かる。 

levi's50120130033.jpg 

この数センチの差が穿いた時にどう変わるのか?

着用感の違いは後日改めてリポートすることにする。

それにしても、マイナーチェンジの繰り返しは、501好きにとってどんな気持ちなのだろう。変化(進化?)することを歓迎するのか?はたまた否定するのか?暫く穿き比べてみたいと思う。 

 


Levi's 00501-1486 (2013年製) [Levi's 501]

levi's50120130004.jpg

Levi's501 2013年モデルを入手した。140周年ということで、03モデル、08モデルと5年周期でモデルチェンジしてきた日本企画の2013モデルだ。

07、08モデルで47501の細身のストレートとなり、その系譜である現在自身の中で出動率の高い501-1165(2011年製)とはシルエットを大幅に変更したということなので、変更点の検証を含めての入手となった。

levi's50120130012.jpglevi's50120130020.jpg

色の濃いものばかりだと経年変化を楽しむどころか、穿くこともないままお蔵入りになってしまうことも考え、久しぶりに加工モデルをチョイス。また、最近の加工技術はサンドブレスト、レーザーなどかつてのレベルを遥かに超えているとのことから、その出来栄えも見てみたかったからでもある。 実際写真に撮ってみると、アタリの入り方はなかなか凝ったものだと感心する。

levi's50120130007.jpglevi's50120130050.jpg

ウエストラインに余裕を持ち、膝から裾にかけてゆるいテーパードがかかっているとのことだが、単体で見る限りこれまでのストレートとは一見あまり変わっていないように見える。

股上が浅かったのが意外だが、昨今の流行りではこれくらいがちょうどよいのかもしれない。 

levi's50120130024.jpg

バックポケットのデザインはやや下のVが鋭角になり縦長になったようにも見える。

levi's50120130017.jpg

フロントTOPボタン周りは前のモデルを継承し、Vステッチ留めを採用。

levi's50120130016.jpg

生地は08モデル採用のXXX9デニムのアップデート版で、12.5zと近年主流のライトウェイトだが、触った感じはでは若干の厚くなった印象を受ける。

levi's50120130005.jpg 

ユーズド加工だが革パッチは新品。このへんのバランスが微妙で、この革パッチのプリントや処理が残念ながらチープに見えてしまう。 紙パッチでもう少し味を出した方がよかったのではないか。

levi's50120130013.jpg

残念ながら裾上げをしないとだめなので、裾上げしたが、シングルステッチになってしまった。しかも1cm以上の幅。これはカッコ悪い・・・。近々チェーンステッチで狭く打ち直す予定。インシームはシングル。脇割りは耳ナシ。

ユーズド加工で最も残念なのは、この裾上げ。どんなにカッコよくても裾上げ部分だけは、どうにもならない。ここを加工してくれるところもあるらしいが、打ち直しが終わったら少しいじってみようと思う。

levi's50120130035.jpg

スレーキのギャランティプリントはもう定番のもの。

levi's50120130037.jpg

levi's50120130039.jpg

これはベトナム製で内タグは1165のどうしようもないものからレベルアップしている。levi's50120130046.jpg

levi's50120130052.jpg

フラッシャー類に付属する全身タトゥーの彼は何故か赤の501。501はもうブルージーンズだけではないと言わんばかりだ。

levi's50120130023.jpg 

このモデルは、どれくらい穿きこんだ段階を想定しているのだろう。そういえば、以前見た加工モデルの説明に、ストリートユーズド加工なるものがあったことを思い出した。要は田舎の土仕事で古くなったり、工場での油汚れなどで色がついたりというものではなく、ストリート(アスファルトやコンクリート)上でバスケットやスケートボードに興じているうちに古くなったように見せるため、独特のスス汚れ感(排ガスなどでの汚れ)を持たせた加工だったと記憶している。

次回は前モデルとの違いを並べて比較してみる。 

 


Levi's 501 BlackMgic(1998年製) [Levi's 501]

5501bm00007.jpg

Levi's501 BlackMagic。黒色のデニムが欲しくなったので、探していたところ501で黒があったので、何の知識もなく購入してしまった。

購入時のイメージは色落ちすると、グレーになっていくというものだったが、穿いても、洗濯しても一向に色落ちする気配がない。通称ブラック・マジックというのを知るのは実は最近になってのことだ。

5501bm00002.jpg5501bm00003.jpg

ボタン、リベット、パッチ以外はステッチも全て黒。裏地まで黒。

そもそもこれは色落ちしないデニムだった。

5501bm00001.jpg

5501bm00005.jpg

5501bm00006.jpg

98年501のシルエットなので、細身ではあるがテーパードが掛かっていてイメージとは何かが違うということと、妙に小奇麗な黒に合わせるシューズが見当たらず、着用場面も少なく現在に至る。

たまには少し工夫して穿いてみることにするか。。 

 

 


07501-0003(2007年製) [Levi's 501]

07501_009.jpg

2007年、グローバルリミテッドラインという限定ラインで製造されたモデル。

2003年アメリカの工場での生産が終了し、メキシコ、ハイチ、コロンビア、ドミニカ等で製造されていた00501-のモデルが90年代のシルエットを踏襲した細身ではあるが、ややゆったり目のテーパードタイプであったのに対し、復刻モデルである47501のシルエットとしてレギュラーラインで股上浅め、更に細身のパイプドステムのシルエットで限定生産されたのが、この07501だ。

14ozのコーンミルズデニム(XXX9デニムか?)を使用。ムラ感をだしている。

07501_010.jpg

インシームシングルステッチだが、セルビッチはない。 

07501_008.jpg

07501_007.jpg

スレーキにギャランティプリント

07501_006.jpg

フロントトップもVステッチではない。

07501_005.jpg

パッチは47モデル同様に革パッチ。

07501_004.jpg

アーキュイエイトステッチも47同様に角度深め。

07501_002.jpg07501_003.jpg

ヒゲなどのアタリは出ていないが、色合い等はいい感じだ。

07501_001.jpg

スッキリとしたストレート。

これはなかなかいい出来でオークションで見つけたのだが、レングスが短すぎた。今回は検証用ということで入手。玉数が少ないだけにこのまま保管しておくか、手放すか迷っているところである。

でも穿けないんじゃなぁ。。惜しい!

 

 


タグ:Levi's 07501

Levi's 08501-0042 [Levi's 501]

08501-013.jpg

Levi's 08501-0042 は2008年からリーバイストラウス・ジャパンから製造・販売されていたモデルだ。

最近ではめっきり見ることのなくなったTVCMだが、当時日本人キャラクターとしてリーバイスのCMに木村拓哉氏が採用されたことで話題になった当時(木村は2000年CMが初登場)のモデルで、0042はリンスウォッシュである。(CM着用モデルは08501-0040;ザ・マーティンライト)。

08モデルの特徴はというと

08501-011.jpg 

XXX9デニムは、コーンミルズの資料を基に同社の伝統と技術を駆使し、1909年代初頭にみられた組成「極濃色ピュアインディゴ」の色目と、1950年代後半から1960年代初頭にみられた組成「実粗いで12.5oz、洗い後で14oz」を併せ持った新しいデニムです。XXX9デニムを構成する糸には、当時のムラ感を表現するために、経糸には4つの異なる太さの糸をMIXし、緯糸には特殊なリングスパンを使用しています。本来のインディゴの色目と頑強で丈夫なジーンズを再現できるXXX9デニムは、穿き込むごとに味の出る、まさにコーンミルズとリーバイスの歴史と伝統が一つに凝縮されたスペシャルデニムです。 

ということらしい。

洗い後14ozというのは、手持ちジーンズの中で最も厚い生地で、触感も明らかに2012年の1165タイプよりしなやかで厚みがある。

08501-001.jpg 08501-004.jpg08501-002.jpg

リンスウォッシュだけに色はかなり濃い。

 

08501-001.jpg jp47501_005.jpg

前年(2007年)限定で販売された07501は47501(右)のシルエットを踏襲し好評(?)だったのか、そのシルエットを継承した量産タイプが08モデルということか?47501同様のタイトなパイプドストレートタイプ。

(追記)07501はグローバルリミテッドライン、08501はJP企画ということで、このころはいろいろとあるようで、そのあたりについては、下記サイトを参照ください。レギュラーラインは複雑でよく分からないが、どうも2008年以降は「細身」「パイプド」という路線のようだ。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/gpa/levi_mb/501.htm

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n190095 

08501-012.jpg 

08501-006.jpg

アーキュエイトステッチの色は1165同様白っぽい。

ご覧の通りフラッシャーもついたままチェーンステッチで裾上げまでしたものの、生地の厚さもあって冬に穿こうと思いながら未だこの状態。すぐにでも穿きたいのだが。。。 

 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
前の10件 | - Levi's 501 ブログトップ
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。