So-net無料ブログ作成
 
 
 
 
 
 
 
 

セブンカフェ セブンイレブンのコーヒー [随筆]

半年ほど前から7~8年程続いた電車通勤からマイカー通勤に変わり、ライフスタイルが随分と様変わりした。

以前は勤務地最寄り駅を降りると決まって、喫煙者の私はドトールでホットコーヒーを1杯飲んで一服つけていたが、車移動ともなるとそうもいかない。

自由空間の車内は喫煙もできるので、移動中に車内で缶コーヒーというのが習慣となってきていた。

そんなときふと缶コーヒーの値段について疑問に思った。

消費税が5%になったとき、100円の缶コーヒーが自販機で5円取り扱えないとかなんとかの理由で、110円になったはずだ。つまり、実質10%上乗せということ。

そして今回消費税が8%になったら、なんと130円になった。これは100円に対して実質30%も上乗せということ。

100円時代に比べ3割値上げは物凄いことじゃないか?

おそるべし、セブンカフェ。


在りし日の思い出 [随筆]

まだ20代の頃だったか、飼っていた秋田犬の「シロ」が逝って1年後、母親が我が家に仔犬をつれてきた。柴犬っぽかったが、長ずるにつれて雑種だとわかった彼は「リュウ」と名づけられていた。

安達裕実さん演じる主人公の「同情するなら金をくれ」という台詞と中島みゆき「空と君のあいだに」で有名な1994年のテレビドラマ「家なき子」(最終話視聴率37.2%)に登場する主人公の愛犬が「リュウ」であり、その賢さに習って、母親が家族の同意も得ず安易に名づけたものである。

そんなリュウが逝ったのは3年ほど前になろうか。17歳くらいだから長寿だったといえるだろう。

PCデータの整理をしてたら、写真が出てきてつい思い出してしまった。

家に来て一晩中鳴いていたこと。家から飛び出し車にぶつかったこと。脱走して数日戻らなかったこと。毎日ランニングに付き合わせたこと。 

IMG_0544_R.JPG

2009年5月撮影との記録がデータに残っている。実家に戻れば当たり前のようにいたその場所に、今はこの写真で彼が寝ていた小屋が残っているだけだ。 


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽気のせいか・・・ [随筆]

柄にもなく、花の写真を撮ってみた。

chu001.JPG 

こういったものを見て、まだ「美しいな」と思える自分であることに安心できる。

 

続きを読む


【からだまもるみず。】 プラズマ乳酸菌の水 その後・・・。 [随筆]

今年1月末に購入したキリンビバレッジ『プラズマ乳酸菌の水』24本。昨日最後の1本を飲み終えた。

DCIM0427.jpg

「プラズマ乳酸菌」という体の免疫細胞を活性化し、ウイルスなどの攻撃を防御するという代物。その効果の程を自ら体験してみようと購入したものだ。

 

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

life hack(ライフハック) [随筆]

「ジーンズ,洗濯」というキーワードで検索していたところ、ライフハックという単語に巡り合った。2004年頃にはすでに誕生しており、日本でも翌2005年には一般的になっていたようだが、恥ずかしながら今日初見となった次第。調べてみると情報処理業界での「仕事術」が起源らしく、現在では生活全般でいかに合理的に物事を運ぶかという「テクニック群」のことを指すようである。

ライフハッカー[日本版]

http://www.lifehacker.jp/ 

lifehacker.png  

中には「それ単なる私見だろ。」というものも


サッポロ一番 アラビヤン焼きそば [随筆]

1967年生まれのサッポロ一番「アラビヤン焼きそば」。懐かしすぎる一品。あまりに懐かしすぎて感動すら覚えた。

DCIM0478.jpg

まだ生き残っていたとは。。。味の方はどうなのか?そもそも自分が当時の味を覚えているのか?楽しみだ。 

 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

adidasのシューズで歩きまくり [随筆]

靴底のフラットなテニスシューズではなく、走りや歩きに特化した軽快なシューズが欲しかったので、安売りされていたこの派手なシューズを購入したのが昨年末だ。 

IMG_5415.jpg

とはいえ、元来ランニングやウォーキングに燃えている訳でもなく、革靴ばかりでもなんなのでゲットしたというもの。メッシュ素材を用いた通気性は冬のさなかにただ履くというと寒いだけで登板も極めて少なかった。

 

ところが・・・


いまだに天動説なのか?無関心なのか? [随筆]

まったく驚きの調査結果だが、地球の公転を知らないのなら、未だに天動説を信じているのか、はたまた天体の動きなど無関心だというのだろうか? 

続きを読む


タグ:天動説
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

【からだまもるみず。】 プラズマ乳酸菌の水 [随筆]

キリンビバレッジから発売されている『プラズマ乳酸菌の水』を購入してみた。

DCIM0427.jpg

「プラズマ乳酸菌」という言葉を目にしたのは数ヶ月前電車の車内広告が初めてのことだ。体にいいというようなテキストはなんとなく目にしたが、何がどういいのかまで詳しく読んでいないので、流行りの「プラズマ」を乳酸菌にくっつけただけのものだろう、飲んだら舌がビリビリする乳酸菌か?はたまた新種の乳酸菌?程度の印象しか持たず、いつしか忘れてしまっていた。

ところが、ノロウイルスの流行、インフルエンザ流行が話題となりマスメディアが予防策などを取り上げる中、朝の情報番組で体の免疫力を高めようという究極の予防策として紹介されていたのが、この「プラズマ乳酸菌」なのであった。

からだまもる水。プラズマ乳酸菌の水>

説明によると「プラズマ」とは「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」からとった名称らしい。乳酸菌の種名とは全く関係ないようだ。

「プラズマ乳酸菌」の正体はというと、クラトコッカス・ラクティスというチーズやヨーグルト製造に使われる乳酸菌の一種で、直接プラズマサイトイド樹状細胞に働きかけることで、免疫力を高めるというもの。何故プラズマサイトイド樹状細胞に働きかけると免疫力が高まるかというと、この細胞は普段活動していないらしく、体内にウイルスが侵入すると目を覚まして体中の免疫細胞にウイルス排除の指令を出すという「司令塔」の役割をもつものらしい。ウイルス侵入前にディフェンス体制を整えるようにあらかじめ「司令塔」を目覚めさせるのだ。

免疫細胞pDCを直接活性化させるプラズマ乳酸菌(JCM505株)を発見>

「プラズマ乳酸菌」のインフルエンザウイルス感染予防作用を確認>

1日にどの程度摂取すればよいかなどは医薬品ではないので特に述べられていないようだが、何はともあれこの冬すでに数回風邪にやられている身としては、ここは試してみるかということで、500mlを24本ほどまとめて購入。

これから効果の程を自ら検証してみようと思う。ちなみに先ほど飲んでみたが、カルピスをものすごく薄めたという感じで、ヨーグルト風味の水という印象。甘すぎないので、半分くらいは一気に飲める。これなら毎日飽きずに飲み続けることができそうだ。

ただ、乳酸菌の効果を高めるためには、生きたまま腸に辿りつくように食後に摂取することや、生き残った乳酸菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖もしっかり採ることも忘れないようにしなければ。 

ちなみにこのプラズマ乳酸菌、キリンと小岩井乳業が共同開発を行っているもので、小岩井乳業からはヨーグルト風味の強いドリンクが発売されている。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

赤い彗星のシャア・アズナブル氏 視聴率低迷の責任をとらされ左遷!? [随筆]

機動戦士ガンダムの初回放送が1979年。今年で既に35年だ。

ブログ対象に「ガンダム」で検索するとなんと約3,000万件ヒット。ちなみに「オリンピック」約3,900万、「AKB」が約2,800万件、「エヴァ」約830万件、「リーバイス」では約120万件、「田中将大」約120万件、、比較するようなものでもないだろうが、単純にブログネタとしてのキーワードとしては相当上位にあると言えよう。

ちなみにちなみに1億超えは「ペット」「自動車」「子供」。さもありなん。

本題に戻ろう。 

DCIM0417.jpg

近所のセブンイレブンで思わず購入。小さいが細かく作られている。実は我々が格好のターゲットなのか!? 

いまだに新シリーズが作られ続けられているが、初代のプラモデルやフィギュアの販売も後を絶たない。

ガンダムブームのど真ん中にいた当時小学生の自分がこの歳になってこんなコンビニ食玩フィギュアに手を伸ばしてしまうのもこれまでガンダムという作品が影響を与え続けてきたことに他なるまい。

改めて「機動戦士ガンダム」をウィキペディアで調べてみると意外な話が山盛りで面白い。

中でも一番の逸話は「シャア左遷事件」や「シャア戦死編」、「アムロ戦死編」があったということ。

放映当初視聴率が振るわないのは赤い彗星シャアが陰気だからという笑えそうで笑えない理由からシャアが左遷させられるストーリーになったそうだ。

作中ではホワイトベース追撃戦の際、ザビ家の末っ子「ガルマ・ザビ」を救えず戦死させてしまった失態による左遷という形であったが、それが逆にリアリティの評価される作風と相まって誰も視聴率低下の戦犯扱いされたからなどとは考えもすまい。

一説によると左遷どころか戦死なりなんなりで、早々に消える構想まであったが、スタッフの説得で何とか生き残ったらしい。視聴率で左遷されたり、殺されそうになったりとアニメのキャラクターもたまったものではない。

また、主人公アムロも打ち切り決定の最終回ではやはり戦死の予定だったが、番組終盤から人気に火が付き始めたことから続編の期待もあって生き残りが決まったそうで、主役でもこの扱い。ここで戦死していたら、『逆襲のシャア』も無かったかと思うとよくぞ生き残らせたと英断を讃えられたことだろう。

もっとも、このころ二人に立った死亡フラグは『逆襲のシャア』で果たされたとか、しないとか・・・。 

原作ありきでスタートするある程度のファンありきのものをTV化するか、ゼロから企画しTV化するかで商売としての成否はずいぶん異なるだろうが、「宇宙戦艦ヤマト」然り、「新世紀エヴァンゲリオン」然り、そして「機動戦士ガンダム」然りで、何かこれまでにない『新しさ』はマンネリ化した価値観、世界観を壊したいという支持層を作り、その世界観は『新しいネタ』を求める各メディアによって取り上げられながら、静かだが着実にそしてあるブレイクポイントを境に大きなウネリとなる可能性を秘めているのは、ゼロからのものなのであろう。(大いなる懸けだが・・・)

よくできたフィギュアだったので、それについてアップするつもりが、つい余談が長くなってしまった。

こうして無駄なアイテムがまた一つ増えたが、久しぶりにガンプラ欲しくなったこの頃である。

 

 

 

 

 

 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。