So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
 
 
 
 
 
 
難しい問題 ブログトップ

悪化する一方の環境 [難しい問題]

世界の湿地帯が過去100年あまりで、半減し地上生物の水源を脅かしているという。
 わたしたち人間をはじめ多くの地上生物は水の恩恵にあずかって生きているわけだが、その水が汚れている、もしくは枯渇するという状況が、極めて危険なことであることは誰の目から見ても明らかであろう。
今は水の世紀ともいわれるほど水源(汚染されていない)の確保にどの国も躍起になっているのだが、幸か不幸か、水に恵まれているわが国では、一般的にそういった世界の情勢に疎いようだ。
しかし、少し身の回りを振り返ってみると、10数年前なら考えられなかったほどミネラルウォーターが市場に出回り、都市部では各家庭ごとにウォーターボトルが置いてあったりする現状から、この国の水事情は本当に安心なのかと疑念を抱かざるを得ないのである。
地球規模の環境変化は、影響の差はあれ、この国とて免れることのできないことだ。これまで、当たり前のように享受してきた自然界からのサービスがあるとき突然途絶えることもあり得る。
それは、近くはないかもしれないが、そう遠くない未来なのかもしれない。
警鐘はなれども、実行の難しい問題は多数あるが、これほど日々の生活と密接し、且つ現象を目の当たりにするまで時間経過を要するものはあるまい。しかも、修復はそれ以上の時間を要することがほとんどだ。
大切なのは、その時が来たときのことを杞憂とせずにイメージすることなのだろう。
イメージは恐れではなく、今の自分の行動を制御するためのものと考え、自らの自然に悪影響を与えるであろう行為が抑止されたそのとき、初めて今の環境が保たれている世界をもイメージすることができるのではなかろうか。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
難しい問題 ブログトップ
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。