So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
 
 
 
 
 
 
Levi's 37501 ブログトップ

Levi's 37501-0117 [Levi's 37501]

37501を穿いてみた。

知人から譲り受けたもので、ウエストサイズ、レングスともに不明であったが、ぱっと見いけそうな気配だったので、有り難く頂戴した。

実際に穿いてみるとW31インチで1インチ大きく、レングスが少々短い。故に自動的に腰穿きという感じになるが、それはそれで、これまでジャストサイズ主義で少々きつい股間が楽なので良しとした。 

37501001.jpg37501002.jpg

さて、このシンチ付1937年モデルこそ例の70●シリーズの原型といえるタイプで、初期501と現在の501の様々なディテールを再現していることで人気があるようだ。

タイトルには37501としてあるが、パッチの欠損に加えインナータグも損失している上に、このタイプはバレンシア製の501XXcや201XXなど何やらlot№が乱立しているようなので、特定はできないが、トップボタン裏に刻印が見られないことから日本製の37501-0117ではないかと推測。製造年も不明。 

37501004.jpg37501005.jpg 

色の落ち具合やアタリの付き具合はなかなか良い感じかな。 


タグ:Levi's 37501
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

Levi's 37501 [Levi's 37501]

37501日本製である。内タグ、パッチが無いが、トップボタン裏に刻印の無いことから日本製の’30年代シンチ&ベルトループタイプだろうと分かる。
37501_01.jpg 
さて、この37モデルであるが、その前身となるのが、'87年に日本法人によって企画された復刻レプリカ第一弾となる701XXであろう。シンチ、隠しリベットなどこの37501を模したモデルである。
このブログでも取り上げているが、70●シリーズは、正に今40代を生きる世代にとってはレプリカシリーズのエポックメイキング的な存在といえる。

少しばかり1990年代前半も振り返ってみよう


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Levi's 37501 ブログトップ
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。