So-net無料ブログ作成
 
 
 
 
 
 
 
 
Lee 101B Riders 1946 ブログトップ

Lee 101B Riders 1946 穿いてみた [Lee 101B Riders 1946]

Lee 101B Riders を穿いてみた。

lr001.jpglr002.jpg

癖のないスッキリとしたストレート。股下長めだが、生地が柔らかいので、裾の弛み具合もあまり気にならない。アタリも程良く、色落ち具合もいい感じだ。カタログ値13,2/3ozの生地はUR066の13,1/4ozより厚いはずだが、薄く感じるのは織の違いがもたらす効果か、実際に薄いのか・・・。 

lr003.jpglr005.jpg 

cowboyと比較してよう。

101cowboy002.jpglr002.jpg

Riders(右)の方が尻回りがスッキリしており、バックポケットの位置が若干外寄り。 

101cowboy001.jpglr001.jpg

フロントポケットの位置がRiders(右)は若干高め、浅め。 

101cowboy006.jpglr005.jpg

55501(米製:左)と比較してみよう。 

55501004.jpglr002.jpg

バックポケットからウエストトップまでの長さが101(右)の方が短い。ヒップから裾までのラインは101(右)の方がストレートが強く出ている。 

55501005.jpglr001.jpg

55501006.jpg lr005.jpg

それぞれが違う風合いを持つジーンズは比べるほど面白い。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

Lee 101B Riders 1946 [Lee 101B Riders 1946]

Levi'sに501があるようにLeeには101があり、時代と共に双方のlotNo.が変化しているのは、ヴィンテージ好きには周知のことだろう。

lee101r_003.jpg 

ヴィンテージ好きというのは、そもそもその古臭い風合いを単に愛でるだけに飽き足らず、それが「何故良いのか」を問い、蘊蓄を知ることに喜びを感じる性質を持ち合わせているように思えるのだが、どうだろうか。

斯く言う自分がそうだからではないが、Leeが何故支持を得ているのかという問いから、この101シリーズに辿りつくことになる。無論これまで、Leeブランドを穿いたことがないわけではないが、80年代はどうしてもボタンフライの501の印象が強く、恥ずかしながら101シリーズでもボタンフライモデルが販売されていたとは知らずにいたのだ。

もっとも501ですらついこの前までは20年前のものを穿いていて、デニム空白期間があったわけだからさもありなん。 

閑話休題で懐かしCMを挿入。

 
Wranglerの記事でも述べたが、カウボーイ=ウエスタンのイメージが強いLeeだ。一時ウエスタンブーツが流行になり、合わせてブーツカットが巷に溢れたことに影響され、それに沿う形でLeeのブーツカットを購入したことがある。独特の風合いと色落ちが印象に残っていたが、おそらく当時の購買理由は、Levi's501のレギュラーシリーズに少々飽きていたこととEDWIN企画となり、価格も手ごろだったことにあろう。80年代後半から90年代501は例の復刻版がLevi'sJapanから高値で次々にリリースされ、米国製レギュラーラインはほとんど形が変わらなかったことが、いわゆる「飽き」につながったものと思われる。
さて、本題に移るが、Leiv's501の空白期間を経てヴィンテージ復刻版、そしてLeeの復刻版へと関心が向いたのも、先のヴィンテージ志向のなせることなのだろう、この101シリーズへと辿りつくのである。
 
もともとヘアオンハイドが懐かしく既に取り上げたCowboy101Bを手に入れたのだが、ラインが太い。調べてみるとRidersから細身になったとのこと。これは試したいという虫がうずくには十分な動機だ。かつて穿いたことのあるLeeが細身であるという印象も101でどうかを調べたいということだ。
 
lee101r_011.jpglee101r_012.jpg
 
横のラインを55501と比較してみるとこんな感じだが。。いずれもW30。Leeの方が1inchほど大き目で余裕あり。 
lee101r_013.jpg55501_02.jpg 
 
ディティールはこんな感じ。
lee101r_002.jpg
左綾特有の色落ち 
 
lee101r_004.jpg
ステッチは直線的で外に上がり気味 
レザーパッチはカチコチに固まっていて無理にベルトを通しと割れてしまいそう。 
 
lee101r_005.jpg
片耳セルビッチ 
 
lee101r_006.jpg
バックポケット内側に特有のスレーキ 
 
lee101r_009.jpg
ボタンが90度傾いてしまっている・・ 
 
lee101r_010.jpg
そしてボタンフライ 

 

1946年型 Lee RIDERS 101b  

13 2/3oz 左綾セルビッジデニム 防縮加工なし革パッチ

lot 4101 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Lee 101B Riders 1946 ブログトップ
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。