So-net無料ブログ作成
 
 
 
 
 
 
 
 
Levi's 551ZXX ブログトップ

Levi's 551ZXX(551-0006/1998年製) 穿いてみた [Levi's 551ZXX]

551_10.jpg

Levi's 551ZXX。後にロットナンバー505が与えられることになるLevi'sの新しいシルエットだが、その印象はいかに。

続きを読む


タグ:Levi's551XXZ

Levi's 551ZXX(551-0006/1998年製) [Levi's 551ZXX]

551_10.jpg

Levi's 551ZXX。

ボタンフライは面倒臭いというニーズに応え、1954年にボタンフライをジップフライにした501ZXXをリリースするも、ファッションとして501のデザインはダサいという東海岸辺りの若造のニーズに応えるべく1961年から1966年の5年間製造された細身のジップアップモデル。

後にロットナンバー505となるモデルの復刻版が551ZXXだ。

日本製として「551Z」(プロダクトキーには551Z-XXとXXの表記がされているが、パッチにはXXが無い)モデルが先行しての製造・販売、後に米国製として「XX」が追記され製造・販売された(生地やディティールが若干異なるようだ)。

Levi'sのジップアップモデルは501ZXX以前にもキッズモデル503ZXXというのが1940年代頃から存在しているらしく、なんとヴィンテージ子供服として市場に出回っているのには驚いた。 

Levi'sは1930年代から40年代にかけて501XXをベースにいくつかのモデルを展開し始めている。 

501XX/ボーイズ503BXX/レディース701XX/キッズ503XX

そのうち701XXは60年代にジップアップに、503XXAは503ZXXとしてジップアップに変更される。

そして501は1954年にジップアップが追加され、

ジップフライ×Shrink to fit:501ZXX/ユース(少年用)504ZXX/ボーイズ(キッズ用)503ZXX

というラインナップになるわけだが、縮む生地とジッパーは相性が悪く噛み合わせが悪くなってよく壊れたらしい。

(503ZXXには片面タブ、革パッチが存在するので、40年代からジッパー仕様があったのではないかとの説もあるが、51年に生産開始という説もある。真偽の程は分からないが・・・。) 

50●ZXXシリーズがどの程度浸透したのか分からないが、504ZXXの生産時期がわずか1年と短いことからも当時はウケなかったものと想像できる。(そのおかげでか504ZXXはヴィンテージでも玉数の少ないレアものとなっているようだ) 

そこで、防縮加工を施した生地をラインナップに加え、ジップアップで細身という

ジップフライ×Pre shrunk⇒551ZXX(細身のシルエット)

が登場したとのことだ。 

後にLevi'sのモデルでジップアップ&細身シルエットの代名詞となる505タイプでXXが付いているのが、この551ZXXであり、パッチからXXがはずれロットナンバーの変更がされる1967年まで「505のXX」としてマニアごころをくすぐるニッチなアイテムなのである。 

前段が長くなってしまったが、これは後付けの話で、入手動機は「ZXX」というのがなんだかガンダムチックで、しかも「501」ではなく「551」といのがまた亜流感溢れていてカッコイイというのと、ディテールが501とは一味違うので新鮮に感じたからということだ。

551_02.jpg551_03.jpg

551_01.jpg

うーん。どれもこれも色味がばらばらだが、右上が一番実物に近いか。確かにラインは相当細く見える。

プリシュランクでも縮まないだけで、捩れは強烈に出ている。

55501(左)と比較してみるとラインの違いがよく分かる。裾に向かってすっきりとテーパードがかかっているて、ヒップまわりもすっきりしているようだ。551ZXXの方がバックポケットがひとまわり大きい。

色落ち度合いは違うが、551ZXXの方が若干黒みとグリーンが強いイメージ。 

551_11.jpg 

551_04.jpg

センターベルトループはオフセットされていて、この年代のものを再現しているようだ。

551_06.jpg

このパッチがカッコよく見えてしまった。

551_08.jpg

551_18.jpg

55501(後ろ)と比較してみると、Vステッチがぜんぜん違う。コインポケットは551の方が小さめ。TOPボタンは色が違う。確認しにくいが、リベットの形状も若干異なる。復刻版のくせにジッパーがYKK(YKKは大変素晴らしいジッパーなのですが・・・)。 

551_16.jpg 

98年製ということで生地は厚めなのだが、ザラ感やゴワ感はあまりない。質感は55501に近いかも。本物の製造時期もかぶっているはずなので、それはそれで筋は通っているのかな?

色もしっかり残っているので、穿くのが楽しみな一品となりそうだ。

ちなみに、LVCから この2月に551ZXXの復刻版が新たに発売されるとのこと。すでに新品入手が困難な状態なので、気になる方は要チェックだろう。

http://www.fashionsnap.com/news/2013-12-14/551-levis-revival/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Levi's 551ZXX ブログトップ
 
お気に入りのDENIMが見つかるかも 
 

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。